土曜日は、昼間旦那が居なかったのでのんびり!ゆっくり!のびのびと!
ラジオを聴きながら寄せ植えタイム♪ 至福~


…なので、めずらしく、寄せ植えしながら写真を撮ってみました。
なにぶん多肉一年生、シロートの寄せ植えであることをご理解いただいて
ご覧いただければコレ幸いです。



使う道具は、多肉土、鉢底石、鉢底ネット、セリアの細長いショベル、園芸用ピンセット、
それから鉢。鉢は先日作ったリメ缶です。

DSC_0004_20141207182852631.jpg

手前はデコさんにプレゼントした物。奥が今回使うリメ缶です。




なんとなく寄せ植えに使いたい子を集めて、鉢から抜いてみると…


012_20141207182445f9e.jpg

葉挿し発見w あるある~~~>w<



013_20141207182447bde.jpg

ちょっと前にカットしておいた子達も、出番があるかもしれないので連れて来ました。
左上がペンタンドラム、右奥はなんとか美人(名前忘れちゃった…)、右手前がエレン。




015_20141207182451f59.jpg

最初に鉢底ネットを敷いて、その上に土を入れます。
リメ缶みたいに深い入れ物の場合は下に鉢底石を入れます。
リメ缶が深ければ深いほど多く入れてます。

今回の缶は底がかなり浅いので、ネットの上に花ごころのサボ土を、
鉢底石代りに入れて、その上に多肉土を入れました。
花ごころのサボ土は、育苗トレーなんかにも、底石代わりに入れてます。
結構、便利ですw




で、土をある程度入れたら…

押す、

押す、

押す!


とにかくギュッっと押して土を詰めます。
じゃないと植えた後にグラグラするというか、安定が悪いというか。


021_201412071825010c1.jpg



ブスブス押しまして、気が済んだら、今回は鉢が大きいのでザックリ多肉を入れて
イメージ作りをしてみました。


014_2014120718244935c.jpg

こんな感じ???


フツーのトマト缶くらいの入れ物に寄せ植えする時はわざわざ
こんな事やらずに、どんどん植えてしまいますが…^^;





022_20141207182502991.jpg

さて、忘れないうちにどんどん植えます。

カット苗を植える場合はさらに土を増して、フチギリギリまで土を入れて、
そこに苗を挿します。
左上のパールフォンニュルンベルグや、左下のブラッドブリアナなんかは
カット苗なので土にプスッと挿してある状態。

デレッセーナ、サンライズマム、シャビアナは根付きなので、普通に植え込みみつつ、
寄せて~~ 上げて~~ 角度をそろえます。
ブラ装着時の要領w




023_20141207182503d54.jpg

植えたら、隙間をズブズブ押して、空気を押し出します。コレ重要。
普通は割り箸で押しますが、私は面倒なのでピンセットでそのまま押す(笑)。

ブスブスすると土のカサが減るので、そこにまた土を足し、またブスブス挿し、
土を足す…  コレをひたすら繰り返します。

何度かやると、植えた苗の角度が安定してきてグラグラしなくなります^^



024_20141207182458746.jpg

奥の方もブスブス~。


その際多肉を手で抑える事になると思いますが、手をふわっと丸めて、
なるべく手と多肉の接点が少なくなるように抱えて抑えて、キズや粉剥がれを防ぎます。




この調子でメインの子達を植えた後、隙間にセダムや小さなカット苗をピンセットで
ブスブスと突き刺してって完成!

完成した寄せ植えの写真は次の記事に~^^
スポンサーサイト



いつも見に来てくださってありがとうございます(*^ ^*)
バナーをぽちっとしていただけると励みになります~!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村




コメント

  1. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 22:44 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事